20代の看護師求人に強い転職サイトは?

なかなか見つからない!?救命救急センターの看護師の求人はどこで見つければいいの?

救命救急で働きたい!そう思って求人情報を見ても、あまり救命救急の看護師の募集って見かけないような気がします。

本当に救命救急の求人は出ていないのでしょうか?どうして救命救急の求人はなかなか見当たらないのでしょうか?もし本当に救命救急の求人が出ていないとしたら、どうやって探せばいいのでしょうか?

救命救急センターの求人についての実際を見てみましょう!

救命救急看護師の求人を見かけないような気がするんですが・・・?

救命救急はテレビや雑誌などでよく見かけますし、もちろん、看護師が働いている姿もその中で紹介されています。

でも、いざ「救命救急を目指してみようかな」と思って求人を探してみると、あまり見かけないことに気づいた方も多いのではないでしょうか。

そうです、お気づきのように、救命救急センターの看護師の求人はあまり出ていないんです!

実際に働いている看護師がいるんだから、求人も出ていても良さそうなものなのに、求人がないなんてこと、あるの?とお思いでしょう。

もちろん、多くの看護師が働いている職場がそうであるように、必ずしも救命救急だけに看護師が溢れているわけではありませんし、毎年救命救急へも新しく看護師が配置されています。

つまり、救命救急の看護師の求人は外から見えるようには出ていないというのが現実なんです。

どうして?救命救急センターの看護師の求人は出ていないの?

救命救急も新しい看護師を必要としているはずなのに、どうして求人は外から見えないようになっているのでしょうか?その理由を見てみましょう。

救命救急センターが大きな病院の所属だから

救命救急センター(第三次救急指定病院)は全国に280か所余りあります。小児救命救急センターも合わせると約300か所あります。

そして救命救急センターのほとんどが、地域の中核病院や大学病院など大規模な総合病院の中にあるのです。

このため、「救命救急の看護師」という形での求人は出ておらず、「その病院全体の中での看護師の求人」という形で求人が出ています。

ですから、外から見ると、救命救急センターの看護師の求人は出ていないなぁ、という風に見えるのです。

独立運営型の救命救急センターもあるにはありますが、全国でもまれです。

救命救急に求められる人材は精鋭中の精鋭、即戦力中の即戦力

救命救急では、時には看護師の力量や判断も救命率を左右することになります。このため、救命救急に求められる看護師の人材は「即戦力中の即戦力」だということです。

これが、救命救急センターの求人が外に出ないもう一つの大きな理由です。

「即戦力」というのがどういうことかと言えば、救命処置ができる・重症の傷病に関して相応の専門的知識を持っているということです。

さらにここに、大病院ですから、病院内のシステムの扱いや他職種との連携などの段取りにも慣れている、というようなことも求められます。

ハローワークなどに看護師の募集をかけたり求人広告に載せたりして看護師を集めたとしても、すぐに救命救急で働けない看護師に殺到されても困る、ということなのです。

このため、救命救急センターへの看護師の配置は、「救命救急センターを持っている病院内の人事で、専門的知識を持った熟練しなおかつ病院内のルールにも慣れている看護師を配置する」という形になるのです。

また、どうしても緊急で病院の外から救命救急の看護師を集めたい時には、病院(看護部など)が関係各所にあたってみる、というようなことにもなります。

どうやって救命救急センターの求人を探せばいいの?

救命救急センターを持つ病院の求人を探す

救命救急センターは、第三次救急病院に指定された限られた病院にしかありません。都道府県によって、指定されている病院の数もかなり異なります。

まずは、救命救急センターがある病院が出している求人を探して見てみましょう。

ただし、この場合も、病院全体の求人であって「救命救急の看護師の募集」という風には出ていないでしょう。また、就職・転職してすぐに救命救急に配属、ということも非常に少ないということも理解しておきましょう。

つまり、その病院の中で働いてキャリアを積みながら、救命救急への人事異動を希望して配置を待つ、という形になります。

転職サイトで探す

ところで、「緊急に看護師を集めたい時には関係各所にあたる」こともある、という話をしました。

この場合、関係各所というのは、関連病院や転職サイトが含まれています。

転職サイトなら、登録している看護師のキャリアを把握しているので、病院も安心して

採用できるんです。

つまり、実は転職サイトには登録した看護師でないと応募できないような救命救急の求人が来ていることがあるんですね。

もちろん、転職サイトには第三次救急指定病院からの求人もたくさん出ていますよ。

まとめ

いかがでしたか?救命救急の求人があまり表に出ていないというのが実情なんですね。

でも、まさに転職サイトは救命救急センターに就職・転職するには近道なんです。救命救急を目指すなら、まずは転職サイトに登録がおすすめですよ!

転職サイトランキングを見る